投資について

太陽光発電投資の歴史

太陽光発電は1950年代に開発された物ですが、太陽光発電投資が注目され始めたのは比較的最近の話です。 自然エネルギーの分野では世界でもトップクラスを走っていた日本ですが、基本的に電気というは独占事業であり、投資という概念ではなく電気会社が主導で行う物でした。 それは電力の自由買い取り制度が始まった後でも大きくは変わらなかったのですが、変わったのは電力の定価買い取り制度が始まって以降です。 定価買取により「低いリスクで安定的な収益が見込める」という投資として注目を集めるようになり今に至ります。 年々買取り価格が落ちている為、投資としての魅力は正直にいって落ちてきているのですが、リスクの低さについては変わらず、今も注目されています。

太陽光発電投資は今後どうなるか予想しにくい状況になっています。というのも太陽光発電投資の一番のポイントである定価買取制度の値段が年々下がっており、投資としての利益は徐々に落ちてきているからです。 ただし太陽光パネルさえ設置しておけば収益が上がるというリスクの低さはほかの投資より魅力的なのは変わりませんし、他の投資と違って土地を選ばず利用できるという利益はあります。 また買取り価格は落ちてきていますが、パネルなどの性能は上がってきている一方で設備の値段は下がってきているので、投資としての収益が変わる可能性はあります。 このように現状では難ともいえない太陽光発電投資ですが、今後は電力買取の自由化などもあると考えられているので、今後どうなるかは予想がつかないというのが正直なところです。