長いスパンを要する

採算性が高くなっている太陽光発電投資

太陽光発電投資では初期費用が大きく掛かってくることになりますが、10年程度で初期費用の回収が行える状況があります。そのため、10年目以降からはすべての売電収入を利益とすることが可能となります。太陽光発電パネルやモジュールなどの寿命は15年から20年以上となっていることも、長期的に見て確実な収益が望めることが期待できる点です。近年では高変換率の太陽光パネルが販売されるようになってきていて、最新の機器を用いると従来よりも早いスピードで初期投資を回収することができるようになっています。よって、太陽光発電投資においては高効率のパネルやシステムを導入した方が採算効率は高くなります。

現在は耕作放棄地や工場跡地を活用する動き

現在の太陽光発電投資は採算性の望める事業になっていることから、多くの企業が新たに参入をしてきています。企業の中では大規模な耕作放棄地を取得して、太陽光発電用地として転用しているところが出ています。日本の農業は高齢化や採算性の低さから、耕作放棄地が増えている状況があります。そのような土地を太陽光発電用として新たに有効活用する動きが出ています。また、企業によっては工場跡地を太陽光発電用地として使うところも存在します。日本の製造業などでは工場を海外へ移転してしまって、国内の工場を閉鎖する流れがありました。そのような工場の跡地は広大な土地があるためにメガソーラーの建設用地として適していて、太陽光発電投資が積極的に行われています。